Fiction Holic

かつてはGames will be lovedだったもの。ゲーム、アニメ、漫画、小説、映画などなどのフィクションについて語ります。

僕がネットゲームが長続きしない理由の話

ごきげんよう。

最近似たような記事書いた覚えがありますが、今回はどっちかというとポジティブで「ゲームって始めたばっかりで覚えることがあって操作に慣れてきて稼ぎプレイとかできるようになったら満足しちゃうよね」という話です。

 

では本題。

僕はFF14をプレイするまで、ネトゲというものを1ヶ月以上続けたことがありませんでした。メイプルストーリー、Colum(だっけ?)、とか、F2Pゲームをインスコしてはプレイして放置、というまさにアホなことをしていたのです。が、それにはちゃんと理由があったのです。

 

ずばり、ネトゲって慣れてきている時が一番楽しい、ということ。キャラクターのレベルがちょーっと遊んでると上がってステ振りしてスキル取ってつけてー…というのがすごい楽しかったのです。また、装備にレベル制限があったのも当時の僕にとっては新鮮で、この武器を装備するために◯◯レベルまであげよう、とかこの防具つけたいからちょっと狩りしてこよう、とか、そういうのが楽しかった。

 

でも飽きちゃったのです。なぜかというと、プレイを続ける余地がなくなったから、ですね。Columは初心者がスポーンする町から次の町までの誘導がなく、いったいどこにいけばいいのか、とかそういう情報がゲーム内で得られず、またぼっちプレイだったのでひたすら最初のダンジョンのいける階まで行って戦うということを繰り返していて、そのうち飽きてしまいました。武器も防具もレベル制限が遠かったり、稼ぎ効率が落ちていてレベルアップ全然しなくなったりとか。結局プレイの予定みたいなものが建てられなくなって全くプレイしなくなりました。

 

その点、FF14はメインクエストでの誘導や、各地のサブクエスト、ジョブのクエストとかとかでエオルゼア各地をお散歩できるし、丁寧にやることを出してくれてたのでメインクエストは1.0時点でクリアしてました。究極幻想クリアね。

 

逆に、MMORPGが長続きする人っていうのはゲームシステム的な部分以外での特徴があると思うのですが、それについてはまた今度書きます。

 

 

FF14はいろいろあって忙しくてプレイしなくなって真タコこわいって言ってたら極蛮神とか実装されちゃって帰るに帰れないなぁ…という状況なので、またやるとしたら別サーバーでララフェルでキャラメイクしてひっそりやります。でも当分やる暇無いです。