Fiction Holic

かつてはGames will be lovedだったもの。ゲーム、アニメ、漫画、小説、映画などなどのフィクションについて語ります。

FF14のコンテンツファインダーについて思い出すという話

ごきげんよう。

ゲームできてないので思い出話、ということで去年8月末から11月中旬あたりまでプレイを継続していたFF14について、特にコンテンツファインダーについてちょっと書きます。

 

FF14はファイナルファンタジーシリーズの2つ目のオンラインタイトルであり、かつ現行のものは新生FF14、という呼ばれ方をしているものであります。まぁ、旧FF14は根性版って呼ばれてたりして、うん、愛がなければプレイできなかったんだろうなぁ…きっと…。

で、そのFF14ではダンジョンに挑むためには必ずパーティを組まなければならず、また一人でパーティです!とかは出来ないため、ぼっちにつらいゲームかと思っていたのですが、コンテンツファインダーという機能のおかげでぼっちでもダンジョンが攻略できる!という話でした。メインストーリーもダンジョン攻略しないと進まないとか数回あるのでね。

 

で、そのコンテンツファインダーってどういうものなの?というと簡単に言えば同じダンジョンを攻略したいプレイヤー同士をマッチングしてパーティを組んでくれるぞ!というもの。もうちょっと詳しく言うと、各キャラの職業がタンク、DPS(アタッカー)、ヒーラーの3つのカテゴリに分けられて同じダンジョンを攻略したいプレイヤーでバランスのいい組み合わせでマッチングしてくれるのです。見知らぬ人とパーティ組むのは緊張するけど、ちゃんとコミュニケーションさえ取れれば目的は一緒ですし、とても楽しかったのです。うん。

まぁ、ときどきコミュニケーション取れない人がいたりするけど、なんとかボス倒せた時はそれでも嬉しかったとおぼえています。ジャンプ機能のおかげでキーボードなさそうな人とか、外国人の人とかともフィーリングでコミュニケーション取れましたしね。ジャンプ偉大。

 

僕はフリーカンパニー入っててもあんまり一緒にダンジョン行ったりしないで、もくもくとプレイする人間だったのでコンテンツファインダーしたり、シャウト募集に参加したりする程度だったんですけど、うーん、あんまりデメリットらしいデメリットは感じなかったんだよなぁ…。ほんとにぼっちにはありがたい機能だった。

でも一人でダンジョンは潜りたかったなぁ…ハウケタとか観光して回りたかったぞよ。ネトゲでも人見知りだから観光したいです!とか言えなかったしなぁ…うーむ…。

 

僕がプレイ止めたのは時期的に卒業研究があったとか、真タコこわくて投げたとか諸説ありますけど、それでも時々エオルゼアに帰りたくなります。