Fiction Holic

かつてはGames will be lovedだったもの。ゲーム、アニメ、漫画、小説、映画などなどのフィクションについて語ります。

白猫プロジェクトというゲームを入れて遊んでアンインストールした話

ごきげんよう。

タイトルが全てなんですが、白猫プロジェクトというアクションゲームをiphoneに入れてたぶんチュートリアルだいたいやって「あ、これは僕にはあわないゲームだな」と思ってアンインストールいたしましたので、なんでアンインストールしちゃったか周りを中心に感想を書いていきます。

 

白猫プロジェクト | 株式会社コロプラ【スマートフォンゲーム&位置ゲー】

ジャンルはアクションゲーム。指一本でタッチで攻撃、長押し+フリックでスキル発動、でドラッグでいいかな、タッチしてから指動かすあれで移動と操作はシンプル。片手で遊べる。3Dキャラクターが動きまわって演出もなかなか凝っている。

お話はよくわかんなかった。序章でなんかあって、1章でCV緑川光の冒険者が主人公の住んでいる島におとずれてなんやかんやあってそのお供をさせてもらう、という話らしかった。が物語の本筋に到達するまえに、アンインストールしてしまった。おそらくこの物語の続きを知ることはないだろう…。

このゲーム、基本無料で遊べるが、いわゆるスタミナやキャラがカード扱いで強化合成!とかそういうのではないらしい。らしいというのはチュートリアル最後までやってないのでそういうのがあるかもしれないという可能性の話。基本的には主人公キャラを使って装備とお供キャラがガチャでひけて、まぁガチャだしレアリティあるよね。という話なだけなので、結局レアリティのゲームな感じがある。星2の装備とお供しかひけなかったのでどれだけレアリティで強さの違いがあるかはわかんないんですけどね。

 

じゃあアンインストールした理由1。3D。えっそれだけで?と思われるかもしれないけど、たしかにこれだけではアンインストールはしない。が、3Dでアクションでゲームの時点でかなーりがっつりバッテリーが消耗されるのは目に見えている。あと最近ゲームやってるとiPhoneちゃんがすぐに火照ってしまうので負荷の高い3Dアクションゲームはあんまり入れたくない。という理由。

 

アンインストールした理由2。チュートリアルガチャの引きが悪い。基本無料ゲームは最初がちょろくないとやる気が出ません。わがまますぎじゃね?と思われるかもしれないけどゲームを渡り歩いて生きているのでちょろさは大事。

 

アンインストールした理由3。めんどくさい。片手で遊べるアクションゲーム!本格的!とうたわれており、まぁたしかに連打すればいいだけのゲーム性皆無のゲーム()よりはゲームである。が、僕のニーズ、つまり「ゲームではあるがプレイ中の拘束度が低いゲーム」ではなかった。遊ぶのがめんどくさそう、ていうか1マップで味方殺さないボーナスと敵全滅ボーナスと宝箱全回収ボーナスあるよって言われたらそれ目指しちゃって回り道遠い道選びまくって疲れちゃいますよ。いや、プレイさせるために必要なギミックではあるけど、そういうのは疲れるのでいいです、と思った。

 

アンインストールした理由4。おもしろくなかった。3と似てるけど、そもそも3Dアクションゲームとして類似ゲームを遊んだことあるし(聖剣伝説RoM)、それも確かに良い出来はしていたが面白いかと問われれば、RoMはキャラ切り替えによる回復+スキル発動と魔ペットの編成と魔法等々まだ面白い要素はあった。けど、こっちは単純化が強く(チュートリアルしかやってないけど)、メイン部分のゲームシステムの本質で面白さを感じなかった。主人公キャラの成長要素として、やったことないけどFFシリーズのスフィア盤?ていうんですか?あのどの要素をプレイヤーが伸ばすか決めるというあれみたいなものがあったんですが、正直それで面白さが増す、面白くなるとは感じられなかったので、「これは僕は面白く無いな」と思いました。

 

こんな感じ。注文多いな!めんどくさいな!こんな客相手にしたくないわ!と自分でも思いますね。

 

あー、あとは「強いコンセプトが感じられなかった」のも微妙に思った原因かも。こういうゲーム作れば売れる!こういうゲームならいける!っていうのは確かに商売だし大事なんだけど、コンセプトが客に伝わるような、マンボウとか、群馬の野望とか、そういうゲームももうちょっとあってもいいんじゃないかなーって思いました。ゲーム作るって大変だぁ…(他人事