Fiction Holic

かつてはGames will be lovedだったもの。ゲーム、アニメ、漫画、小説、映画などなどのフィクションについて語ります。

パズドラW遊びましたと言う話

ごきげんよう。

パズドラがver7.0.0になって、パズドラWというゲームがタイトル画面から選べるようになりました。

メインのパズル部分はそのままにたまドラに帽子(頭部)、アクセサリー(手で持つ)、ようふく(タマゴ部分)の3部位に装備をしてダンジョンごとに設定された条件でいつものパズドラのパズルをしていく。

装備ガチャもあるが、ゲーム内で手に入るメダルによるガチャのみらしく、またメダル稼ぎ用のスペシャルダンジョンが一定進むと解禁される。装備の効果はパズル部分で時々落ちてくるスキルドロップのうち特定のものが出やすくなる、とか+ドロップが出やすくなるとか、そういうものばかりである。

えーっとメインのダンジョン内でのパズル部分は攻撃力等がなく、稀にある装備補正をのぞけばコンボ数=ダメージであり、またそもそもダメージを与えるために条件をクリアしなければならないのでパズルっぽさがだいぶ出てきたように感じられる。いや、普通のパズドラもすっげー難しいダンジョンとかいけばパズルっぽさ出てるのかもしれないけどその領域に到達できない人間ですので。

 

感想としては「気が楽」といったところ。これやらなきゃあれやらなきゃというような追われるプレイングを(いまのところは)しなくてすんでいるので遊びたい時に遊べばいいんじゃない?というポーズのパズドラWはだいぶ遊びやすい。また、ある程度のダンジョンをクリアすることでパズドラと共通の魔法石を取得できるので、そういうモチベーションの上げ方もある。

総括としては「良い」。パズルをすることがちゃんとメインになっているので結構好印象。装備のレベル上げも同じ装備が出現すれば勝手にまとめて上がってくれるし、ひたすらパズルして、時折ガチャしたりたまドラのきせかえをするだけでいいのは楽。強化合成とか進化合成とか進化用素材とかめんどくさいんじゃ…。