Fiction Holic

かつてはGames will be lovedだったもの。ゲーム、アニメ、漫画、小説、映画などなどのフィクションについて語ります。

メルクストーリアのコラボイベント先のゲーム、サウザンドメモリーズを遊んでみた話

ごきげんよう。

 

メルクストーリアとサウザンドメモリーズというゲームのコラボイベントがはじまりまして、サウザンドメモリーズの方でメルクストーリアのキャラがガチャに登場してるとのことで、どうやらログインボーナスとか初心者用の◯◯をやってみよう、みたいなあれで課金石が貰えるみたいなのでとりあえずやってみました。

 

先に遊んでみた全体の感想を言うと「めんどくさすぎる」ですかね。

キャラクターの成長と戦闘中に稀に発動するスキルのレベル上げに必要なリソース(FP)と武器防具の強化合成と進化の際に必要なリソース(金)と無料の武器防具のガチャを回すために必要なリソース(名声)が別になってる時点でやる気が削がれました。ただでさえ戦闘だけでは経験値が一切入らないから経験値用の餌を効率よく集めないといけないタイプのゲームなのによくぞここまでリソース分割してくれやがりましたね!?という気分。

やる事が全くないよりはマシでは?という見方もあって、実際クエストこなしてさえいれば(かなり微量ながら)FPと金と名声が手に入るため、気力と根性でプレイできるタイプの人なら遊べるんだろうけど、今のところ「キャラのレベルを上げたくても入る量が微量すぎるし人身売買してもさらにまた微量でレベル上げができない」「武器防具を強化するための金を工面するために武器防具を売り払うから武器防具を強化する素材がない」とか「名声ポイントたまらない」という感想。いわゆる「普通のRPGで戦闘ごとに経験値とお金が手に入る」過程を「戦闘しても経験値が入らずドロップしたキャラを食わせて経験値を入れる。しかもお金がかかる」と(プレイ時間稼ぎ及びゲームに拘束するために)改悪されている部分を、さらに「戦闘しても経験値は入らない代わりにキャラ武器防具ドロップと各種リソースは出すが各種リソース間に互換性はない」となっててほんとに、なんで、なんでこんなめんどくさい事するの…という気分。

 

上記の問題はとにかく稼ぐためにクエストを繰り返すしか無さそうなので、まぁゲームを回数遊ばせるのはいいんですが、その中身が面白くないのが結構致命的。

3×3の盤面上の4色+回復パネルを一筆書きの要領で同じ色同士をつなげる、というものなのですが、長くパネルをつなげることで攻撃力に倍率がかかるんですね。あとキャラごとのスキルが確率で発動するらしいです。ただ、どれだけつなげても攻撃できる対象は「1体のみ」。

…なんかもうちょっとこう、さくさく倒せるシステムにできんかったんですかね?雑魚3体倒すのに3回パネル消費してそれをさらに5~7セットぐらいさせられるとくっそめんどくさすぎるんですけど?おそらく、キャラのスキルの中に全体攻撃等があるんだろう、とは思うんですけど、上記の問題を解決するための稼ぎプレイをするのがめんどくさいってお前このゲーム遊ばせる気があるのか!?ってなりますよ…。うーむ…。

 

愚痴言うだけじゃあどうしようもない記事なので褒めれるところ褒めましょう。

えーっと、声優にお金かけてるっぽい(消音プレイ)し、パネル上のちびキャラがかわいい。

…これぐらいですかね?