Fiction Holic

かつてはGames will be lovedだったもの。ゲーム、アニメ、漫画、小説、映画などなどのフィクションについて語ります。

Crypt of NecroDancer、店でボム消費してまで一階で武器確保すべきか否か

ごきげんよう。

Crypt of NecroDancerはローグライクゲームです。通過の概念があり、商人がいて、お店があります。

そんなお店では体力を回復する食料、マップ全体を把握できるようになる地図、装備品の武器防具、透視や攻撃力上昇など不思議な効果をもたらすアクセサリーや巻物、時には中身のわからない宝箱なんかも売ってたりします。

 

そんな商人さんは高確率でだいたいのフロアにお店と共に出現します。お店の壁は金色のブロックでできていて、少なくとも初期装備のシャベルでは破壊することはできません。敵もミニボスクラスでないと破壊できないほど強固です。

 

ただ初期装備で所持している爆弾を使うことで金の壁を破壊できます。

 

金ブロックは1つあたり10Gになるのですが、敵は通常で倒しても3Gぐらいで、コンボをつなげて行っても数体処理しなければ10Gには至らないのでかなーりの収入源になります。特に店の構造上、金の壁5つを爆弾1個で破壊できて50Gを手に入れるのでとても美味しいです。

うろ覚えですが、ブロードソードやロングソードがおよそ40Gや50Gであり、レザーメイルは20Gぐらい、槍も40Gぐらい?チタニウム装備はダガーぐらいなら50G以下だったような?オブディシアン装備やフレイル、ボウガン等もたまーに出てきますがだいたい100とか超えたぐらいだった気がする…。

 

で、この記事の論点は50G以下の装備品が店売りされている時にたった1個しかない爆弾を使って確保すべきか否か、という事であります。

 

結論としては「武器と有用アクセだったら使って買え 防具だけだったらスルー」です。

ちょっと(2時間)プレイして、「とりあえず買う」と「稼いでから買う」の2パターンで遊んでみたんですが、(プレイヤースキルが低いのは置いとくとして)とりあえず武器を買ったほうが事故率がぐーっと低かったです。当たり前ですが。

ダガーの射程1ダメージ1で全ての敵をあらゆる状況で対処できるようなプレイヤーで無い限りは稼いで買う、なんて悠長な事は言えないですね…。

 

 

あと武器確保、というのでダンジョンギミックとして存在しているblood武器の祭壇と3つのアイテムから選ばせるShrine of Lisk(だったかな)があります。

前者はHPを半分にしてBlood装備を手に入れられます。Blood装備は敵を一定の数屠る事でHPがハートの半分回復する…だった気がする(wikiとか見てない)。特にこれのボウガン等長射程武器が出てくれば消費したHPを回収するのも容易いことでしょう。ただ、事故死率は上がる。

後者は調べると3つのアイテムがでーんと出てきて、その中から一つを手に入れる事ができます。これは武器だけでなく掘削道具や防具なんかも出てきます。これだけならえっ美味しすぎるやん!?って感じですが、これの効果で手に入れたアイテムを持っているとどうやら階を下りた際にハート1個分のダメージを食らうみたいです。ちょっとリスク高すぎるよ…(1回、ボス階の一階上に到達時、これで死亡)。こちらはとにかく降りる前にはちゃんとHPを確保しておくしかない、に尽きるのですが食料は確定で手に入るとは限らず、回復魔法も出てくる事が稀、しかも出てきてもクールタイムのために1階につき1度使えて2回目使えるかどうか、ぐらい。ほんとに店がなくて宝箱もろくに開けられずに、でもなぜかどうにかハート2個以上で生きている場合なら賭けで使用してみてもいいかもしれない。でも武器確定で出るとは限らんのだよなー…。

 

 

そういえば魔法のクールタイムって時間じゃなくて魔法使ってから倒した敵(攻撃でこわせるギミック含む)の数だったんですね。上の話で出た回復魔法なんてクールに20必要だよ。しんどすぎるよ。