Fiction Holic

かつてはGames will be lovedだったもの。ゲーム、アニメ、漫画、小説、映画などなどのフィクションについて語ります。

ゲームに作業をどれくらい入れるかということについて考えたかった話

ごきげんよう。

ゲームとは遊びである。遊びであるからには楽しい、はず、である。が、往々にしてゲームには作業というものが潜んでいることがある。今回はこの作業がゲームにどれくらい存在してもいいのか、ということについて考えたかったのです。

 

では本題。

 

僕はポケモンが好きです。個性的でいろいろな魅力のあるポケモンたちも好きですが、手に汗握る対戦も好きです。まぁ、下手の横好きでランダムフリーで遊んでてレーティング怖くていけない程度の腕と知識なのですが。そんなポケモンで僕が実はかなり好きな工程があります。それは「厳選」です。育成したいポケモンの親を預け、卵を受け取り、ひたすら走る。産まれたら性格・個体値・特性を確認して、マーキング・選別を行って理想個体および妥協個体が出るまでひたすらただ走り続ける。ポケモンのプレイ時間のほとんどはこの厳選作業と言っても差し支えないほどに時間を食うもはや作業でしたが、僕はこれが好きでした。苦労をした上で産まれてきた個体を鍛えあげて対人戦で使ってあげることが大好きでした。過去形なのは今全然やってないからね!というあれなので。

 

えーっと、つまりポケモンにおける作業は好きだったということがここで言いたいのです。じゃあ次。楽しくない作業。

 

パズドラメソッドゲームは、最近ではそうでもなかったりするのだが、基本的にモンスターたちは経験値でレベルアップするが、クエスト/ダンジョンを攻略しても経験値が入ることはない。そのクエスト/ダンジョンで手に入れた育成価値のない雑魚モンスターを餌に強化合成をすることで経験値が入る。これが最近、ほんとに苦行で仕方がない。パズドラメソッドゲーを多く遊んでいる人なら「いや、それゲリラダンジョンとか経験値モンスターダンジョン行ってないだけじゃん」と言うだろう。それはその通りだ。ゲリラダンジョンと呼ばれる(建前上いつ出現するかわかっていない)ダンジョンではいわゆるメタルスライム的な経験値が莫大なやつがいたり、曜日ダンジョンで属性ごとの経験値モンスターがドロップしたりする。うん、それがパズドラメソッドゲームの特性の1つだ。

 

でもそれすらも辛い。というか、めんどくさい。ゲームがプレイヤーに何をさせようとしてるのかが全くわからない。メインクエストをさせたいのか曜日ダンジョンとゲリラダンジョンをさせたいのかスペシャルダンジョンで限定モンスタードロップを粘らせたいのか、これがわからない。うーん、選択肢があるのはいいことなんですけど、うーん、経験値モンスター稼ぎとか進化モンスター稼ぎが本当に苦行で「これをやって果たして一体何につながるんだ?」という疑問が付きない。ゲームをするために稼ぎをしているのか、稼ぎをするために稼ぎをしているのか、と思ってしまう。

 

あー、いや、別に作業の量が問題なのではなくて、その先に目的がちゃんとあるかどうかなのか(悟った)

 

いやー、うんうん、なるほどね。目的のある作業か目的のない作業か、という話なだけだったのだ。でもほんと、最近メインクエストが存在する理由とか意味とか意義っていうのがよくわからないのでその辺りがうまく出来てるゲームが知りたい。今のところメインをちゃんと進めてるのがポケットキングダムぐらいしかない。誰かおすすめ教えてください。