Fiction Holic

かつてはGames will be lovedだったもの。ゲーム、アニメ、漫画、小説、映画などなどのフィクションについて語ります。

久しぶりにドラゴンクエストモンスターズスーパーライトを起動した話

ごきげんよう。

今年の年明け頃にリリースされ、ドラゴンクエストモンスターズと思わなければ普通に良い出来をしていたのにガチャやらなんやらでいろいろと炎上してしまったドラゴンクエストモンスターズスーパーライト(以下DQMSL)を久しぶりに起動してみました。

 

ボックスの中には大量のリバイアさま(名称そのまま)が。そういえばこのゲーム、いわゆるレベルを上げるための強化合成と他のゲームでいうところの進化合成の転生以外にもモンスターの使い道があって、同一モンスター同士を合成することでステータスとかを強化できるパワーアップというのがあるのです(うろおぼえ)。で、ゲームがリリースされた初期の頃のイベントで当時2つ目にランクの高いリバイアさまが手に入る、とのことでガチャ運が良かった僕は高ランクモンスターにものを言わせて集められるだけリバイアさまを集めておいたのです。そしてレベルを上げてパワーアップを繰り返していけばいくらイベントモンスターといえどなかなかの働きができるのではないか?と企んでいたのです……が、その後にいろいろあってやらなくなってしまったのです。

よくわからないけど今はSSランク?とか究極転生?とかあるみたいでランクAのモンスターをパワーアップすることに一体どんな意味があるの?と問われたら「ロマン」以外に答えを持てなくなってしまいました。

 

あと闘技場?で別プレイヤーの編成したパーティと戦えたりとか、とくぎ転生とかなんかいろいろ追加されててよくわからりませんでした。が、プレイして初期と変わってないなぁと感じたのは「無駄に動作が重い(レスポンスが遅い)」のと「続けて遊べると疲れる」ってことですかね。後者に関しては特技を使う際に説明がちゃんと出たり全体技も確認挟んだり、状態異常や属性が相手に有効、無効、半減を表示してくれるようになっていて遊びやすさというのは向上してるなーとは思いました。まぁ、いちいちwiki見て誰に何が有効とか確認しなくても遊べるのはスーパーライトな感じがして良い。ざくざくっと遊べればええねん、みたいな。

 

ちょっと他のF2Pじゃ物足りないという方にはDQMSL、おすすめです。DQMっぽさ皆無ですが。