Fiction Holic

かつてはGames will be lovedだったもの。ゲーム、アニメ、漫画、小説、映画などなどのフィクションについて語ります。

ブレイブリーセカンドはブレイブリーデフォルトの続編であるという話

みなさんごきげんよう。

先日、スクウェア・エニックスから発売されたブレイブリーセカンド。そのターニングポイントを超えたのでネタバレ感想記事を書こうと思い立ちました。プレイ中じゃないと書けない感想とかあるからね!というわけで以下ネタバレ。

 

 

 

とりあえず書きたい事ザクザク。

ブレイブリーセカンドは正教騎士団三銃士リーダー、ユウ・ゼネオルシアを主人公に法王アニエス・オブリージュを連れ去った皇帝を追いかける正統派のRPGである。また、本作はブレイブリーデフォルトの続編であり、パーティメンバーの半分は前作主人公のティズとイデアである。この二人は個性的で、前作プレイヤーからすれば思入れが強いキャラクターであるものの、出番が多くてユウくん主人公だっけ?という事にもならずユウはブレイブリーセカンドの主人公であるというのがちゃんとわかるシナリオになっている…と今のところ感じられる。

 

マグノリア・アーチがとてもかわいい。彼女は月の言葉という名の英語を話している月からの使者だが、初心である。わりとすっぴん衣装大胆だと思うんですけど…というツッコミはおいておくとして、ブレイブリーセカンドの道中様々なイベントの中でユウとマグノリアがひっじょーにじれったいラブコメを繰り広げるのである。僕はRPGを遊んでいるのか、それともアニメを見ているのか…という気分になるぐらいにはそういう類のイベントが多いので苦手な人はスキップしよう。僕はオートで流しながら他のゲームしてました。

とにかくマグノリアはかわいいのである。イデアちゃんもアニエスもかわいいのだが、それぞれ別のかわいさがあるのである。

 

戦闘システムの話。BPによるターンの貯蓄、前借りシステムにあわせた新ジョブや既存ジョブのバランス・アイテム調整等も加えられ面白さが増した印象。普通プレイだとアタッカー1、ヒーラー1、サポート兼火力2ぐらいの構成にすると連チャンもボスも楽っぽい感じでよろしいよろしい。

すっぴんのはんぶんこが実に有用でパティシエのアビリティと合わせて魔法使わないで回復もpqがあればできるのも楽しい。でもパティスリーは弱体化が使いづらいと思うんですけど…。

今回のラーニング枠の猫つかいはいいと思いました。前作はラーニングすれば際限なく使えちゃって、しかも入手するのが後半も後半だから周回が苦にならないようぐらいの意味合いしかなかったように感じるので…。でも猫スキルよりもねんねこのほうが有用なのでは…?

エクソシストの話。くっそ便利なんだけど大丈夫なんですかね…?HP,MP、BPすらも巻き戻せてしまうのでアタッカーのBPを戻してフルブレイブもういっかーいとか出来るし死んだキャラもHP戻せば復活するしMP戻すのもBPでできちゃうからちょっと便利すぎなんちゃう…?感があります。BPに関与できるジョブはだいたい強くなっちゃうのはこのゲームでは仕方ない気がするけどアシストジョブとしては有用性がかなーり高い。でもエクソシスト単体ではリソースいじるしかできないので占星術とかスーパースターでバフしてから殴らせてます。

 

 

言いたいこと書いたのでターニングポイントと続編の話。

ブレイブリーデフォルトはキャラクターが平行世界を巡り続ける話でした。5章突入時の衝撃と言ったら正直「やられた!」という感想しか出ませんでした。ですが今回、ブレイブリーセカンドはプレイヤーが同一の世界を巡り続ける話の模様です。

この2つの差は非常に大きく、ちょっと今、ブレイブリーセカンドを遊ぶのがしんどい心境です。というのも、前者は「キャラクターも」一緒に並行世界を巡っていたので並行世界に至った時も困惑したりいろいろ考察したりとしてくれました。プレイヤーの行動に対してキャラクターもそれに対してリアクションをくれていました。

が、ブレイブリーセカンドは「プレイヤーのみ」が同じ世界をやり直す模様です。流れとしては皇帝がホーリーピラーと時空の羅針盤を使い、また月が黒妖精によって飛ばされてしまった事で世界が静止?し、終末の世界「エンドレイヤー」になってしまったそうです。で、ユウくんいわく「あの時に戻れれば!神さまお願いがあります!」とか言ってやり直しを要求。そしてこの段階で「タイトル画面からNEWGAME+が選択可能になりました!」という表示が。一応、イベント後も動けるのでとりあえず町を巡ってみたら終末の世界を恐れる人や「やった!世界も留年したんだ!」と喜ぶ学生とかいろいろいる中、主人公達と関わりのある人物からはやり直しを催促され、システムメッセージで「NEWGAME+が選べます!!」と表示される。ここまではブレイブリーはメタ要素込みのRPGだしなるほどね、という気分でした。

でも、NEWGAME+を選んでアニエスがこっちに呼びかけてくるARムービーと冒険家さんが「ブレイブリーセカンド、それはやり直す勇気」って言ってくるぐらいの変更点ぐらいしか見えないからとっっっっっってもつらいんです。キャラクターは世界をやり直してない(はず)なので1周目と全く同じイベントが再生され続けます。それでも変更点いつくるか全然わからないからイベントスキップせずにA連打してるけど1章突入してもまだ同じだから何のために…やってるんだ…という気分がとても募ってきます。

でも、NEWGAME+でやり直すと最初の負けイベントやユウくんのがんばリベンジあたりの言動って2周目のためのテンポとか演出だったんかなぁ…というのが感じられたので、そういうところはまだいいんですけど、2周目入った変更点とかがそろそろないとやる気がなくなってしまうんじゃ…せめてイベントで変更点とかあるんだったらそういうの表示してほしいんじゃ…つらいんじゃ…。

 

ともかく、ブレイブリーセカンドはよくも悪くもブレイブリーデフォルトの続編である、という実感が得られました。

ブレイブリーデフォルトは名作すぎたんだ…。